北海道の知床

栃木県の花火大会/日光の紅葉/栃木県の道の駅

世界遺産登録名称:知床

場所:北海道北東部 知床半島とその沿岸海域

登録年:2005.7.17

登録種別:自然遺産

世界遺産に登録されているのは、北海道の東端にある知床半島で、遠音別岳から先端部にかけての約7万1100haと、知床半島沿岸3kmの海域約3万4000haとなっており、日本で初めての海洋を含む自然遺産登録物件です。
一年を通して気温が低く、冬の海は流氷で埋め尽くされる厳寒の地で、その地名はアイヌ語で「地の果て」あるいは「地の突き出たところ」という意味の「シリエトク」が由来とされています。

登録理由としては、
(1)シマフクロウやシレトコスミレなど、希少な動物・植物の生息地であることが、世界遺産登録基準の「生物多様性の本来的保全にとって、最も重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全の観点から、優れて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる」に該当していること

(2)流氷・植物プランクトン・サケなどの魚介類を含む海洋生態系と、植物やヒグマなどの陸上生態系の相互作用・
食物連鎖を見ることができる貴重な自然環境であることと、そのたぐいまれな生物生産が流氷に大きな影響を受けていることが、世界遺産登録基準の「陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの」に該当していること
さらに知床が、流氷が漂着する海岸としては北半球で最南端であり、海洋生物の生存にとって重要な生息地であること、またこの地域は世界的にも絶滅の危機にある海鳥の生息地であり、渡り鳥にとって重要な場所でもあることが評価されたことがあげられます。

知床は過去に二度(1914年からの約10年間と1938年からの約28年間)、開拓民が住んだ時期がありました。それらの開拓が失敗に終わり、その後この地域に国立公園化の話が持ち上がると、その前に土地を買い取って開発しようという動きが出てきました。そこで地元の人々は「一口100平方メートル」分の資金を募り土地を買い上げ、原始の姿を復元する活動を始めました。

この活動は「しれとこ100平方メートル運動」と呼ばれ、知床の自然を守る契機となりました。もしこの活動がなければ知床の世界遺産登録はなかったかもしれません。世界遺産登録後は入場規制や車両規制が進められ、知床五湖の散策ルールや知床岬の特別保護地区化・陸路での立ち入り不可など、いっそうの自然保護・保全がなされています。

知床斜里町観光協会

知床写真

siretoko_002

HOMEに戻る

スポンサードリンク




写真素材フォトライブラリー

宇都宮観光

▶ツイッター

FaceBook

▶パソコン買取

trivago
キーワードで検索
アーカイブ