世界遺産「姫路城」のプロジェクションマッピング2016年3月

栃木県の花火大会 / 日光の紅葉 / 栃木県の道の駅

パソコン・スマホの買取:無料査定をお試しください。

お得に宿を探す「trivago(トリバゴ)」の使い方

100himeji




「平成の大修理」を終えて1年を迎える世界文化遺産の姫路城(兵庫県姫路市)の白亜の大天守に7日夜、国内外から訪れる観光客への感謝のメッセージが英語や中国語など20の言語で投影された。

昨年3月27日に大天守内部の公開が再開されて以降、入城者は今年2月に260万人を突破。過去最高だった173万人(1964年度)を超える人気ぶり。3月9日の「サンキューの日」にちなんで同市が企画した。

7日は三の丸広場に据えられた投影機から大天守に「Thank you」「謝謝」などの言葉が次々と映し出された。米国の男子大学生(22)は「感謝の気持ちにいやされた」と話していた。8、9の両日も午後6時半ごろから同10時まで投影される。問い合わせは市観光振興課(079・287・3652)へ。

朝日新聞デジタル

姫路城写真

094

095

096



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




写真素材フォトライブラリー

宇都宮観光

▶ツイッター

FaceBook

▶パソコン買取

trivago
キーワードで検索
アーカイブ