護国神社の桜・お花見スポット:栃木県宇都宮市





栃木県のイルミネーションSPOT

ぶらり宇都宮

護国神社の桜・お花見スポット

場所:栃木県護国神社
住所:〒320-0063 栃木県宇都宮市陽西町1−37

宇都宮招魂社の創建
栃木県護国神社は、靖国神社や全国の護国神社と同じく、国家公共に尽くされた英霊に感謝するとともに、郷土・国家・世界の繁栄と平和、人々の幸福を祈る場です。
栃木県護国神社の前身「宇都宮招魂社」は、明治5年(1872)年11月に、旧宇都宮藩知事(最後の藩主)戸田忠友をはじめ旧藩士・有志の人々により創建されました。

当初の御祭神は、戊辰の役に殉じた従三位戸田忠恕公(旧藩主)及びその臣下等96名の、97柱の英霊です。明治8年4月に、太政官布達第67号により、戊辰の役殉難者は国家が祀ることとされ、官祭招魂社となりました。以後宇都宮招魂社は、西南戦争・日清戦争・日露戦争など数々の戦役における栃木県出身の殉国の英霊も、併せてお祀りしています。この間、明治9年6月には明治天皇御巡幸に際し金幣のご奉納を受けています。また下って大正7年11月15日には、陸軍特別大演習の際、勅使御差遣参拝がありました。




護国神社では毎年3月下旬ころから4月上旬くらいまで桜が見頃となります。

護国神社の桜写真

宇都宮市のお花見スポット

イメージ 4





▶ツイッター

▶故障ジャンクPC・パソコンの買取

宇都宮市のお花見スポット

栃木県護国神社公式サイト






コメント