栃木県のお祭り「ふるさと宮まつり」宇都宮市

栃木県の花火大会 / 日光の紅葉 / 栃木県の道の駅

パソコン・スマホの買取:無料査定をお試しください。

お得に宿を探す「trivago(トリバゴ)」の使い方

栃木県のお祭り「ふるさと宮まつり」宇都宮市

ふるさと宮まつりの歴史(history)

スポットイベントから継続イベントへ

~宇都宮青年会議所の発想から始まった事業~

1976年、昭和51年(社)宇都宮青年会議所創立10周年の記念事業として、折りしも宇都宮市制80周年の年に挙行されました。この頃宇都宮市の中心にある二荒山(ふたあらやま)神社を始め、市内各地に伝わる祭りは貴重な文化遺産として市民生活のなかに根づいてきたが、多くの都市と同様急激な都市化の波が市民相互の心のふれあいの場を次第に少なくしてしまいました。

そこで、市民の交流の場をつくり、そのなかでお互いの「心」のふれあいを求め、市民意識の高揚を図ろうではないか、と新たな祭りが提案され誕生したのが「ふるさと宮まつり」です。

白紙からのスタートであったこの祭りは苦悩の日々であったそうです。「祭りのコンセプトは?」「どんな演目で、どんな団体に呼びかけるか?」「タイムスケジュールは?」と連日会議がもたれ、しかも市内の大通りにはじめて交通規制をかけるという事で大変な苦労だったそうです。

当時の先輩にお聞きした事がありますが、開催年の3年前から少しずつ企画し、各地に視察に赴き、関係諸団体との交渉に明け暮れていたそうです。

そんな先輩たちの功績で、今では毎年8月の第一土日に開催されることが当たり前のように、宇都宮の夏の風物詩にまでなりましたが、当初は1回だけの予定で開催したのですが、先の苦労のかいがあり、市民の声は「ぜひ、継続を!」一色で、現在でも継続されています。




ふるさと宮まつりの概要

ふるさと宮まつりは毎年8月の第一土曜日、日曜日の二日間にわたって開催されます。その長い歴史の中で多くの方々に知ってもう事ができ、多くの来訪者があります。

栃木県内はもちろんのこと、県外からの訪問者も多くお祭り開催の期間中は市内は多くの人で賑わいます。
大通り沿いは時間によって交通規制がかかり歩行者天国となります。

ふるさと宮まつりの開催場所は1ヶ所ではなく、宇都宮市内中心部の数カ所になります。

主な開催場所として、
宇都宮二荒山神社前
オリオンスクエア
バンバ広場
バンバ通り
ララスクエア
などがあります。

毎年のスケジュールとしてはお昼くらいから16:00くらいまでは昼の部として、パレード、郷土芸能、ダンスイベント、お囃子などがあります。
16:30位からは夜の部として、パレード、和太鼓、お囃子、お神輿、宮の梵天、よさこい、はしご乗りなどがあります。

ふるさと宮まつりはこのような催しが数カ所で行われる一大イベントです。なかなか一度に全部は見きれないですね。

 

ふるさと宮まつり写真集

過去に開催された宮まつりの写真集です。お祭りの雰囲気を感じてみてください。

2016年に開催された宮まつりの写真

2013年に開催された宮まつりの写真

宮まつりの動画(2016年撮影)

 

ふるさと宮まつりの日程情報

宮まつり開催日

宮まつりスケジュール





栃木県の夏祭り

8月の花火大会

うつのみやの花火大会

ふるさと宮まつり公式ページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




写真素材フォトライブラリー

宇都宮観光

▶ツイッター

FaceBook

▶パソコン買取

小河原産業株式会社
宇都宮市のエクステリア工事

trivago
キーワードで検索
アーカイブ