日光の世界遺産「日光の社寺」:日光観光スポット

栃木県の花火大会 / 日光の紅葉 / 栃木県の道の駅

パソコン・スマホの買取:無料査定をお試しください。

お得に宿を探す「trivago(トリバゴ)」の使い方

日光の世界遺産「日光の社寺」

世界遺産としての日光。平成11年に「日光東照宮」「二荒山神社」「日光山輪王寺」2社1寺をはじめとする建造物群をとりまく遺跡(文化的景観)が世界遺産に 「日光の社寺」として登録されました。




「日光東照宮」「二荒山神社」「日光山輪王寺」周辺の古地図画像

世界遺産詳細情報

1999年12月に、「日光東照宮」「日光二荒山神社」「日光山輪王寺」の建造物103棟と周辺の自然環境が一体となって形成する文化的景観が「日光の社寺」としてユネスコの世界文化遺産に登録されました。
日光の社寺(にっこうのしゃじ)は、栃木県日光市にある寺社などから構成されるユネスコの世界遺産です。日光山内(にっこうさんない)、二社一寺(にしゃいちじ)とも称されています。

史跡指定

1998年(平成10年)5月14日、世界遺産登録推薦にさきがけて国の史跡に指定された。指定名は「日光山内」、管理団体は日光市である。従来、建造物については国宝や重要文化財に指定され、保護が図られている山内地区であったが、面的な保護策は講じられていなかった。そこで、文化庁、栃木県教育委員会、専門家、学識経験者が協議し、二社一寺をはじめとする土地所有者、土地占有者ならびに関係者等の協力を得て日光山内50.8ヘクタールが文化財保護法にもとづく史跡指定を受けた。

観光地としての日光

「日光を見ずして結構というなかれ」といわれる通り、日光には文化的、歴史的観光資産が数多く存在し、なんども足を運ばないとその全てを見ることはできないといわれています。日光を観光で訪れるならまずは日光の社寺「日光東照宮」「日光二荒山神社」「日光山輪王寺」を観て、またその周辺を観光するのが良いでしょう。

日光の社寺おすすめ拝観ルート

日光の社寺の拝観の際のおすすめルートを地図付きでご紹介です。



アクセスマップ


日光の社寺「東照宮」は世界遺産に登録されている遺跡で、日光でもっとも有名な観光施設です。 施設内は広くじっくり見ると1日では回りきれないくらいです。

世界遺産:日光東照宮

日光東照宮陽明門詳細

二荒山神社は天王2年(782年)に勝道上人が創建した神社で、二荒山(男体山)を御神体山として奉祀したとされています。 一帯には古くから山岳信仰があり、江戸時代に東照宮が祀られるまで、日光信仰の中心だった神社です。

世界遺産:日光山二荒山神社

輪王寺は奈良時代に勝道上人が開基し、江戸時代には皇族が門主を勤めました。東日本では最も大きな木造建築物で、天台密教形式のお堂です。

世界遺産:日光山輪王寺

輪王寺大猷院は3代将軍家光のお墓です。家光の「祖父、家康公を祀る東照宮をしのいではならぬ」という遺命により、彫刻や彩色が控えめで落ち着いた趣を残しています。

世界遺産:輪王寺大猷院

日光と那須の紅葉



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




写真素材フォトライブラリー

宇都宮観光

▶ツイッター

FaceBook

▶パソコン買取

小河原産業株式会社
宇都宮市のエクステリア工事

trivago
キーワードで検索
アーカイブ