【大田原市】くろばね紫陽花まつり2018:栃木県





栃木県のイルミネーションSPOT

栃木県の地域ブログ

くろばね紫陽花まつり2018【栃木県大田原市】

写真撮影:2017/6/18






開催期間:2018年6月16日(土)から~7月8日(日)

花の公園として親しまれている栃木県大田原市の黒羽城址公園周辺に植栽されている約6,000株の紫陽花(あじさい)が開花し「くろばね紫陽花まつり」6月17日(土)~7月9日(日)まで開催されます。 夜間(午後7時~9時)にはライトアップが行われ、夜でも紫陽花を楽しめます。 城址公園入口には案内所を開設し、ボランティアにより観光案内を行っております。 敷地内は広いのでお散歩がてら紫陽花を楽しむことができます。

【期間】 平成30年6月16日(土)~7月8日(日)

【場所】 黒羽城址公園界隈

黒羽城址公園のあじさいと鮎定食(2017/6/30更新記事)

あじさいまつり各種写真


国際医療福祉大学の学生さんたちの演奏会


入口には歓迎の石碑





アクセスマップ

栃木県のお祭り

黒羽城址公園(芭蕉の館)

「那須の黒羽という所に知る人あれば、これより野越えにかかりて~」で始まる、奥の細道(松尾芭蕉)その芭蕉が14日間も滞在した黒羽は「芭蕉の里」 として有名で、多くの句碑が街のあちこちに残されております。また、大関氏を藩主とする黒羽藩の城下町として、歴史を刻む街でもあります。 街の中央を流れる那珂川は, 現在は鮎釣りなどでにぎわいますが、かつては川を利用 した水運業が盛んで、河岸跡の石垣や商家の蔵が当時を偲ばせてくれます。


芭蕉の館前銅像

栃木県の紫陽花まつり

あじさいイベントリスト

【栃木市】大平山とちぎあじさいまつり

【宇都宮市】多気山不動尊あじさい

【鹿沼市】まちの駅「新鹿沼宿」

くろばね紫陽花まつり公式サイト



コメント