2017年:栃木県民の日「屋台パレード」夏を感じるイベント

栃木県の花火大会 / 日光の紅葉 / 栃木県の道の駅

パソコン・スマホの買取:無料査定をお試しください。

お得に宿を探す「trivago(トリバゴ)」の使い方

栃木県民の日「屋台パレード」

撮影:2017/06/17

2017年に開催された県民の日イベントで屋台パレードが開催されました。栃木県内の5基の屋台が宇都宮市役所より県庁までパレードをおこないました。

烏山の山あげ行事、鹿沼今宮神社の屋台行事は2016年にユネスコ無形文化遺産に登録されております。



1.烏山の山あげ行事の屋台(那須烏山市)

ユネスコ無形文化遺産登録

山あげ祭は、450年の伝統を誇る日本一の野外劇です。国重要無形民俗文化財にも指定されています。 毎年7月に3日間の間、開催されます。山あげ祭りは旧烏山町内の6町が6年に一度、当番町を担当し当番町が山あげ祭を取り仕切ります。

山あげ祭の詳細

2.鹿沼今宮神社の屋台行事(鹿沼市)

ユネスコ無形文化遺産登録

おまつり期間中は豪華な屋台が市内を練り歩きます。今宮神社の例大祭として、江戸時代の粋を受けついだ見事な彫刻を配した屋台を引き回します。

鹿沼ぶっつけ秋まつり

3.とちぎ秋まつりの山車(栃木市)

栃木の山車(だし)は、江戸型山車と呼ばれており、山車を覆う幕は、金糸銀糸で刺繍された花や鳥、龍や鳳凰など山車ごとに特色のある刺繍が施されています。江戸末期から明治にかけての美術工芸文化の粋を集めた豪華絢爛な江戸型の人形山車は必見です。

4.大田原屋台まつり(大田原市)

江戸時代・大田原神社の例大祭(4月上旬)で、大田原藩のみこしを奉納した7町内の当番町が引き回したのが起源といわれています。

5.宇都宮二荒山神社菊水祭の屋台(宇都宮市)

寛文13年(1673)、神のご加護で火難を免れたことを感謝して、神賑行事(賑わいの神事)が行われ、以来例祭(秋山祭)の付祭となり、重陽の節句(菊祭)に行うようになって菊水祭の名称となりました。

県民の日イベント「山あげ祭」

栃木県の夏祭り 花火大会







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




写真素材フォトライブラリー

宇都宮観光

▶ツイッター

FaceBook

▶パソコン買取

小河原産業株式会社
宇都宮市のエクステリア工事

trivago
キーワードで検索
アーカイブ