プログラミング教育必修化へ自主研修・パソコン使わず思考体感:栃木県大田原市

栃木県の花火大会 / 日光の紅葉 / 栃木県の道の駅

パソコン・スマホの買取:無料査定をお試しください。

お得に宿を探す「trivago(トリバゴ)」の使い方




プログラミング教育必修化へ自主研修

【大田原】2020年度からの小学校での「プログラミング教育」の必修化に向け、大田原小は13日、プログラミング研修会を実施し、同校教諭ら44人がコンピューターの仕組みなどを、パソコンを使わずに体感した。

子ども向けのフィンランドの絵本「ルビィのぼうけん」を使い、教諭らがプログラミング教育の一端を学んだ。同絵本はカードなどによる体験型の教材として利用されている。今回は、出版元の翔泳社が講師派遣で協力した。

ワークショップ「ダンス、ダンス、ダンス!」では、プログラマーの指示でコンピューターが動く仕組みを、講師が「手をたたく」など5枚のカードを組み合わせて作ったダンスをカードの順番通りに動作するゲームで再現。参加者らはコンピューターの仕組みを楽しみながら学んだ。

下野新聞:SOON




2020年より、小学校ではプログラミングが必修化されることが文部科学省より発表されました。

必修化に向けて大田原市ではパソコンを使わずに、パソコンの仕組みを勉強するという体験を行いました。まずはプログラミングが身近にあるということを勉強しているのですね。

最近ではスマホが主流となっており、個人ではパソコンはあまり使用しなくなることが多くなりました。しかしスマホはプログラムで作られております。作る人がいなければ動きません。今回のプログラミング教育必修化はそういったエンジニア育成の意味もあるのでしょうね。小学校の先生や子供の親御さんはパソコンに慣れ親しむことが必要な時代になりそうです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




写真素材フォトライブラリー

宇都宮観光

▶ツイッター

FaceBook

▶パソコン買取

小河原産業株式会社
宇都宮市のエクステリア工事

trivago
キーワードで検索
アーカイブ