紀伊山地の霊場と参詣道(通称:熊野古道)

栃木県の花火大会/日光の紅葉/栃木県の道の駅

世界遺産登録名称:紀伊山地の霊場と参詣道

場所:和歌山県 奈良県 三重県

登録年:2004年

登録種別:文化遺産

紀伊半島の大半を占める紀伊山地は、温暖多雨の気候が深い森林を育んでいる山岳地帯です。
神秘的で雄大な自然は、太古の昔から神聖視されており、平安時代には神仏習合の聖地へと発展、極楽浄土にもたとえられ、
参詣者が押し寄せました。やがて仏教の山岳修行の舞台ともなり、日本特有の山岳信仰の発展に多大な影響を与えました。

世界遺産に登録されているのは、

・神仏習合の一大霊場として栄えた「熊野三山」
・空海が開いた真言密教の霊場「高野山」
・修験道の拠点である「吉野・大峯」
・上記霊場周辺の参詣道「熊野古道」「高野山町石道」「大嶺奥駆道」

となっており、特に3つ参詣道は、日本で唯一の「信仰の道」が世界遺産登録されたものであり、
世界的にもこのような道の遺産は、キリスト教の三大巡礼地のひとつといわれる「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」
への巡礼路しかなく、大変貴重で珍しいものです。

登録理由としては、

(1) 紀伊山地の文化的景観を形成する記念碑と遺跡が、神道と仏教のたぐいまれな融合であり、東アジアにおける宗教文化の
交流と発展を例証するものであることが、登録基準のひとつである「ある期間を通じてまたはある文化圏において、
建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの」に該当していること。

(2) 紀伊山地の神社と仏教寺院が、それらに関連する宗教儀式とともに、1000年以上にわたる日本の宗教文化の発展に関する
ひときわ優れた証拠性を有することが、登録基準のひとつである「現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは
少なくとも稀な証拠」に該当していること。

(3) 紀伊山地が、神社・寺院建築のたぐいまれな形式の創造の素地となり、それらが日本の他の寺院・神社建築に重要な影響を与えたことが、
登録基準のひとつである「人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例」に該当していること。

(4) 上記(1)から(3)とともに、紀伊山地の遺跡と森林景観は、過去1200年以上にわたり、持続的に長期にわたり記録に残されている
「聖なる山々としての伝統」を反映していることが、登録基準のひとつである「顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、
思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと
世界遺産委員会は考えている)」に該当していること。

があげられます。

日本古来の自然崇拝に根ざした神道と、大陸渡来の仏教が融合し、ユニークな宗教観によって生み出されたこれら3つの霊場や参詣道は、
東アジアにおける宗教文化の交流と発展の歴史を今に伝えています。
これらの霊場や古道は、現在に至るまで良好に保存されており、沿道の山岳や森林と一体となって文化的景観を形成しています。

しかし紀伊半島は日本有数の多雨地帯で、山の中にある土の道である参詣道は、台風などの災害で土砂が流出するなどの被害が出ています。
そのため和歌山県では、貴重な「道」の世界遺産を維持し、次世代に引き継いでいくための「道普請ウォーク」を2007年にプログラム化、
学校や企業などの団体にボランティアで「道普請」をしてもらうこととしました。

紀伊半島の豊かな自然の中に縦横にめぐらされた参詣道は、今も大切にされ、かつての厳しい修行の道から、いやしの道となって人々を聖地に導いています。

 

HOMEに戻る

 

スポンサードリンク




写真素材フォトライブラリー

宇都宮観光

▶ツイッター

FaceBook

▶パソコン買取

trivago
キーワードで検索
アーカイブ