石見銀山遺跡とその文化的景観

栃木県の花火大会/日光の紅葉/栃木県の道の駅

世界遺産登録名称:石見銀山遺跡とその文化的景観

場所:島根県 大田市

登録年:2007年

登録種別:文化遺産

石見銀山(いわみぎんざん)は、島根県のほぼ中央、現在の島根県大田市にかつて栄えた日本最大の銀山でした。
その最盛期は戦国時代後期から江戸時代前期にかけてで、当時の日本は世界中の銀の約3分の1を産出していたとも推定されていますが、
当石見銀山から産出した銀がその多くの部分を占めていたといいます。その質の高い銀は海を越えて東アジアやはるかヨーロッパの
国々にまで持ち出され、商業や文化の活発な交流を生み出しました。 国内で14番目の世界遺産、鉱山遺産としてはアジアで初の登録となりました。

世界遺産に登録されているのは、

銀鉱山跡と鉱山町である、
銀山柵内(ぎんざんさくのうち)
代官所跡(だいかんしょあと)
矢滝城跡(やたきじょうあと)
矢筈城跡(やはずじょうあと)
石見城跡(いわみじょうあと)
大森銀山(おおもりぎんざん)重要伝統的建造物群保存地区
宮ノ前地区(みやのまえちく)
重要文化財・熊谷家住宅(くまがいけじゅうたく)
羅漢寺五百羅漢(らかんじごひゃくらかん)
佐毘売山神社

鉱山と港をつなぐ街道である、
鞆ケ浦道(ともがうらどう)
温泉津沖泊道(ゆのつおきどまりどう)

銀を積み出した港と港町である
鞆ケ浦(ともがうら)
沖泊(おきどまり)
温泉津(ゆのつ)重要伝統的建造物群保存地区

となっており、登録地域の面積は、構成資産 529ヘクタールとそれを保護する緩衝地帯3134ヘクタールとなっています。
銀生産にかかわる産業システムの全体、銀鉱山跡・鉱山町・港と港町、およびそれらを結ぶ街道がきわめて良好な状態で残されています。

登録理由としては、

(1)石見銀山で生産された大量の銀が、アジアはもとよりヨーヨッパ諸国との経済的、文化的交流をもたらしたことが、
登録基準のひとつである「ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、
人類の価値の重要な交流を示すもの」に該当していること。

(2採掘から精錬までが小規模に行われたことから、鉱山開発や銀生産にかかわる遺跡が良好に残されていることが、
登録基準のひとつ「現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠」に該当していること。

(3)銀鉱山にかかわる遺跡が、その集落も含め自然環境と一体となった文化的景観を形成し、環境に配慮し自然と共生した土地利用が
現在まで伝えられていることが、登録基準のひとつである「ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、
あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例」
に該当していること。

があげられます。

一般的銀鉱山開発においては、銀の精錬のために大量の薪炭用木材が必要とされていましたが、石見銀山においては森林や水資源環境への
負担が少ない開発がなされ、今日に至るまで銀山一帯には広葉樹などを含む森林が残されてきている点が特に評価されています。

21世紀になってようやく省みられるようになった「環境への配慮」が、16~17世紀にすでにこの場所では行われていた、という事が
大変反響を呼び、高い評価を受けました。
世界遺産登録後も「パーク&ライド(観光車両の侵入禁止)」の実施や、ボランティアガイドの活躍、住民憲章を作っての住民の努力など、
自然環境や住民生活を守る努力がなされています。

石見銀山大森町住民憲章(2007年8月制定)
このまちには暮らしがあります。私たちの暮らしがあるからこそ世界に誇れる良いまちなのです。
私たちは、このまちで暮らしながら、人との絆と石見銀山を未来に引き継ぎます。
未来に向かって私たちは、
1.歴史と遺跡、そして自然を守ります。
1.安心して暮らせる住みよい町にします。
1.おだやかさと賑わいを両立させます。

 

HOMEに戻る

 

スポンサードリンク




写真素材フォトライブラリー

宇都宮観光

▶ツイッター

FaceBook

▶パソコン買取

小河原産業株式会社
宇都宮市のエクステリア工事

trivago
キーワードで検索
アーカイブ