白川郷・五箇山の合掌造り集落

栃木県の花火大会/日光の紅葉/栃木県の道の駅

世界遺産登録名称:白川郷・五箇山の合掌造り集落

場所:岐阜県大野郡白川村、富山県南砺市

登録年:1995

登録種別:文化遺産

世界遺産に登録されているのは、白川郷の荻町集落と、五箇山の相倉・菅沼の3つの集落です。
この地方にのみ見られる合掌造りの古民家の集落が現在も残っており、周囲の自然とともに懐かしい景観を保っています。

登録理由としては、合掌造りの特徴である急勾配の屋根と、その屋根裏を養蚕に活用していたことが、日本家屋建築の中でも珍しいことと、家長の家族とともに親族や使用人も皆一緒に暮らすなど、大家族制が伝統であったことも稀少なものであることから、登録基準の「人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例」や「ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例」に該当していることがあげられます。

合掌造りとは、世界遺産に推薦した際には「小屋内を積極的に利用するために、叉首(さす)構造の切妻造り屋根とした茅葺きの家屋」と定義されています。急勾配の屋根が両手を合わせて合掌したような形であることから合掌造りと呼ばれるようになりました。急勾配の屋根によってできた屋根裏の空間は、和紙漉き、塩硝作り、養蚕などを行うのに適していました。

これらの集落の合掌造り家屋は、だいたい江戸時代末期から明治時代末期に建てられたものですが、最初にその価値に気がついたのは1935年に白川郷を訪れたドイツの建築家ブルーノ・タウトでした。世界遺産に推薦された際にも、「これらの家屋は、その構造が合理的であり論理的であるという点においては、日本全国を通じてまったく独特の存在である」という彼の言葉が引用されています。

戦後はダム開発や人口流出などで多くの合掌造り集落が消滅していきましたが、豪雪地帯ゆえに道路開発が遅れたために奇跡的に残った集落が、地域住民の熱心な保存活動の結果、国の重要文化財に指定されたり、国の史跡に指定されることになりました。

世界遺産登録後も、この地域独特の美しい景観を守ろうとする努力が行なわれています。
茅葺きの木造建築という合掌造りの特徴から、もともと火災予防に対する意識は高く、荻町地区では1日に3回の見回りと、当番制で夜9時に集落全体の見回りが実施されています。毎年秋には放水銃50基で一斉放水する訓練も行われています。1971年には、合掌造り家屋保存のため「売らない、貸さない、こわさない」という住民憲章を制定しています。

スポンサードリンク

HOMEに戻る




写真素材フォトライブラリー

宇都宮観光

▶ツイッター

FaceBook

▶パソコン買取

trivago
キーワードで検索
アーカイブ