琉球王国のグスク及び関連遺産群

栃木県の花火大会/日光の紅葉/栃木県の道の駅

世界遺産登録名称:琉球王国のグスク及び関連遺産群

場所:沖縄県南部

登録年:2000年

登録種別:文化遺産

日本列島南端に位置する琉球列島には、14世紀中頃に三つの王国が分立していましたが、15世紀前半統一されて琉球王国が成立しました。
中国・朝鮮・日本・東南アジア諸国と活発な交易を経済的な基盤として、国際色豊かな独特の文化が形成されました。

世界遺産に登録されているのは、琉球の統一国家が動き始めた14世紀終わりから王国がしっかりと成り立った頃の18世紀末に
誕生した、琉球独特の特徴のある文化遺産「グスク」と呼ばれる遺跡で、次の9ヶ所となっています。

今帰仁城跡(なきじんじょうあと)
座喜味城跡(ざきみじょうあと)
勝連城跡(かつれんじょうあと)
中城城跡(なかぐすくじょうあと)
首里城跡(しゅりじょうあと)
園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)
玉陵(たまうどぅん)
識名園(しきなえん)
斎場御嶽(せいふぁうたき)

登録理由としては、

(1)琉球王国が東南アジア、中国、朝鮮半島、日本と経済的・政治的・文化的交流をもっていたことがうかがえることが、
登録基準のひとつ「ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの
発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの」に該当していること。

(2)グスク跡は、琉球王国の文化的伝統を伝える貴重な考古学的遺跡であることが、登録基準のひとつである「現存する
または消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠」に該当していること。

(3)自然崇拝、祖先崇拝という沖縄伝統の信仰形態を今に伝えていることが、登録基準のひとつである「顕著で普遍的な
意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの
(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)」に該当していること。

が挙げられます。

グスクには「城」という字をあてて表現していますが、「城」といっても同じ世界遺産である姫路城などのような「城」とは
全く別の性質のものです。グスクとは「石垣で囲まれた聖なる空間」であり、石垣は信仰上の動機によるものと考えられています。
そうした「聖なる空間」を包み込むように政治的軍事的な理由で「城壁」が築かれていき、現在のような形になったと考えられています。

今も沖縄の島々には200以上のグスクが残っているといわれ、海岸に突き出た小さな丘や亜熱帯のジャングルの中にもグスクがあります。
元々のグスクとは、琉球の人々の心のふるさとのような存在であったと考えられています。

沖縄の世界遺産はこの琉球王国が成立する過程と、今に続く沖縄の精神文化を現在の私たちに伝える貴重なものと言えます。

 

HOMEに戻る

 

スポンサードリンク




写真素材フォトライブラリー

宇都宮観光

▶ツイッター

FaceBook

▶パソコン買取

trivago
キーワードで検索
アーカイブ