日光の社寺

栃木県の花火大会/日光の紅葉/栃木県の道の駅

東照宮の写真

世界遺産登録名称:日光の社寺

場所:栃木県日光市

登録年:1999.12.2

登録種別:文化遺産

世界遺産に登録されているのは、日光山内の二荒山神社(別宮本宮神社、別宮滝尾神社含む)、日光東照宮、日光山輪王寺(大猷院霊廟含む)の二社一寺と、これらの建造物群をとりまく遺跡となっており、国宝9棟、重要文化財94棟、計103棟の建造物が含まれています。

登録理由としては、
(1)東照宮が建築当時最高峰の芸術家や職人の才能と技術の集大成であることが、世界遺産登録基準のひとつである「人類の創造的才能を表現する傑作」に該当していること
(2)東照宮本社と輪王寺大猷院が日本の神社建築様式である「権現造り」の代表例であることが、登録基準のひとつ「歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例」に該当していること
(3)日光周辺の山々や森が神格化され、人々の信仰対象とされている「山岳信仰」「神仏習合信仰」が、基準のひとつ「顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいとされている)」に該当していること
さらにこれら日光周辺の山林地域が「文化的景観」として評価されたことがあげられます。

「日光を見ずして結構というなかれ」という言葉があるほど、いにしえから山岳信仰の場として多くの行者が集まる場所でしたが、徳川家康公が祭られている華麗な東照宮が建立されてからは、人々が「一生に一度は訪れたい」と願う憧れの地となりました。

現在もなおこの地域は豊かな自然と華麗な人工建造物が一体となった文化的遺産であり、日本の伝統的な宗教である神道の中心地でもあり、有名な観光スポットとなっています。

中でも有名な東照宮は1617年、家康公の遺言に従い創建、完成したのは1636年です。
その特徴は、ほとんどすべての建造物に、霊獣(想像上の動物)、動物、昆虫、魚、植物、滝や波、仙人など、約5200体にも及ぶおびただしい数の彫刻が施されていることです。中でも「三猿」「眠り猫」などが有名です。
こうした江戸時代の一流画家、絵師たちが残した彫刻や彩色の維持・修復・保存活動を通して、江戸時代からの技術と伝統が今日まで脈々と受け継がれています。

 

日光市公式サイト

日光関連リンク

電車で行く日光:日光への電車でのアクセス。JRおよび東武鉄道の路線図。

栃木県の地域情報サイト:トラフィックとちぎは栃木県内の観光やイベントの情報をまとめたサイトです。
tochigi_rogo

 

HOMEに戻る

 

スポンサードリンク




写真素材フォトライブラリー

宇都宮観光

▶ツイッター

FaceBook

▶パソコン買取

小河原産業株式会社
宇都宮市のエクステリア工事

trivago
キーワードで検索
アーカイブ