屋久島

栃木県の花火大会/日光の紅葉/栃木県の道の駅

世界遺産登録名称:屋久島

場所:鹿児島県

登録年:1993年

登録種別:自然遺産

九州最南端の洋上に浮かぶ屋久島は、周囲約130km、面積500k㎡、北緯30度より少し北に位置しています。島の中央には九州の
最高峰である標高1936mの宮之浦岳がそびえています。そのため、海岸線は亜熱帯の気候となっていますが、標高が上がるに
つれて気温が低くなり、冬の山頂は雪と氷に閉ざされることになるという、まるで日本列島を垂直に凝縮したような気候となっています。

世界遺産に登録されているのは、屋久島西部の海岸線から中央の山岳部にかけての地域で、その面積は、島面積の21%にあたる
10747ヘクタールとなっています。

登録理由としては、

(1)樹齢1000年を超える屋久杉が美しい自然景観を生み出していることが、登録基準のひとつである
「ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの」に該当していること。

(2)亜熱帯から亜寒帯までの植物が海岸線から山頂へと連続的に分布する植生の垂直分布が見られることが、登録基準のひとつである
「陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す
顕著な見本であるもの」に該当していること。

が挙げられます。

登録当時、ユネスコ世界遺産センターのドロステ所長は、「自然遺産としての屋久島の価値は、多くの人たちが暮らしていながら、
すぐれた自然が残されていることにある」と語っています。
屋久島においてのみ観察できる、亜熱帯植物の垂直分布、原生状態の広大な照葉樹林、日本固有種のスギの優れた生育地、
などが見られること、また島民が自然と共生し優れた景観が守られていることが高く評価され登録されました。

屋久島は、約1400万年前、新生代の造山活動により海面に花崗岩が隆起し、姿を現したといわれています。
屋久島の杉は、栄養分の少ない花崗岩の山地に育ち、そのため成長は遅いものの、緻密な幹に多量の樹脂を蓄えるため腐りにくいので
数千年にわたって生き続けています。樹齢2000年を超える巨木が現存し、それぞれ「縄文杉」「大王杉」「紀元杉」などの愛称が
付けられています。

一方、黒潮が運んでくる暖かい空気が屋久島の山にぶつかり、大量の雨を降らせることによって、多様な広葉樹とツガ、屋久杉などの
針葉樹が混生する森林が育まれてきました。
島面積の90%が森林で覆われ、ヤクシマダケ(ヤクザサ)やヤクシマシャクナゲなどの多様な植物が自生し、ヤクシカや
ヤクシマザル(ヤクザル)などの哺乳類、ヤクシマアカコッコやタネコマドリ(ヤクコマドリ)などの鳥類などが生息しています。

屋久杉はもともとは神木としてあがめられ伐採されることはありませんでしたが、16世紀から寺の建築のため伐採が始まり、
江戸時代になると伐採した杉を年貢として幕府に納めるようになり、森林の50~70%が伐採されてしまいました。
明治時代には森の大部分が国有林化されて本格的な森林開発がはじまり、昭和40年代の高度経済成長の時代にはさらに大規模な伐採が行われました。

屋久杉の保護は、杉の原生林が1924年(大正13年)に天然記念物に指定されたのに始まり、1954年(昭和29年)には特別天然記念物に指定され、
1964年(昭和39年)には国立公園に編入されるなどしましたが、その後も大規模な伐採は続けられました。
屋久島の島民により1971年(昭和46年)に、伐採の中止を求めて「屋久島を守る会」が結成され、上屋久町は自らの手で「林地活用計画」
をまとめて鹿児島県の「環境文化村構想」へとつなげ、保護運動を前進させました。一切の伐採が禁止されたのは1980年代に入ってからでした。

こうした保護運動のなかで、1981年(昭和56年)屋久島の杉の原生林はユネスコの人間と生物圏計画(MAB計画)の「生物圏保護区」に指定され、
世界遺産登録への第一歩となりました。

 

HOMEに戻る

 

スポンサードリンク




写真素材フォトライブラリー

宇都宮観光

▶ツイッター

FaceBook

▶パソコン買取

小河原産業株式会社
宇都宮市のエクステリア工事

trivago
キーワードで検索
アーカイブ