富岡製糸場と絹産業遺産群

栃木県の花火大会/日光の紅葉/栃木県の道の駅

世界遺産登録名称:富岡製糸場と絹産業遺産群

場所:群馬県 富岡市 伊勢崎市 藤岡市 下仁田町

登録年:2014.6.21

登録種別:文化遺産

世界遺産に登録されているのは、フランスの器械製糸技術を導入した日本初の本格的製糸工場であり、和洋折衷された工場建築の代表である「富岡製糸場(とみおかせいしじょう)」と、優良品種の開発・普及・発展に寄与した「田島弥平旧宅(たじまやへいきゅうたく)」「高山社跡(たかやましゃあと)」「荒船風穴(あらふねふうけつ)」計4件の養蚕業関連の文化財で、当時の状態そのままに保存されています。

登録理由としては、
(1)富岡製糸場が、長年の養蚕の伝統の上にフランスから最新の養蚕技術を導入、国内全体の絹産業を発展させ、さらにその技術を海外へ輸出することにより世界の絹産業を支えてきたことが、登録基準のひとつ、「ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの」に該当していること
(2)富岡製糸場と絹産業遺産群は、生糸の大量生産のための一貫した集合体の優れた見本であり、19世紀後半の大きな建築物群(長さ100mを超える木骨レンガ造の繭倉庫や繰糸場など)は、和洋折衷という日本特有の産業建築洋式の代表例であるということが、登録基準のひとつ「人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例」に該当していることがあげられます。

現在、明治政府がつくった官営工場の中で、ほぼ完全な形で残っているのは富岡製糸場だけです。
群馬県では古くから養蚕が盛んで、原料の繭の確保が可能であることなどから、明治政府が推進していた殖産興業政策の一環として、初の官営模範器械製糸場・富岡製糸場が建設されました。
明治政府は生糸の輸出振興と品質向上を主な政策の一つとしており、外国資本による製糸工場の建設の要望があったものの、国内資本で近代的な製糸工場を建設することが日本の産業発展の基礎になると考えての工場建設でした。

模範工場の基本的な考え方は、
(1)洋式の製糸器械を導入する。
(2)外国人を指導者とする。
(3)全国から工女を募集し、伝習を終えた工女は出身地へ戻り、器械製糸の指導者とする。
などとなっていました。

指導者が外国人であったためか、当初は工女がなかなか集まらず、各府県に人数を割り当て、士族の娘たちなどを集めての創業でした。技術を習得した彼女らが、それぞれの出身地へ戻り器械繰糸を広め、日本の絹産業を発展させ、1920年代には日本は世界一の生糸輸出国になりました。
戦後は生産のオートメーション化に成功し、安価で良質な生糸を生産する技術を輸出することで、世界全体の絹産業を支えました。

 

tomioka000 tomioka002 tomioka004 tomioka008 tomioka009 tomioka010 tomioka012 tomioka013

スポンサードリンク

HOMEに戻る




写真素材フォトライブラリー

宇都宮観光

▶ツイッター

FaceBook

▶パソコン買取

小河原産業株式会社
宇都宮市のエクステリア工事

trivago
キーワードで検索
アーカイブ