富士山-信仰の対象と芸術の源泉

栃木県の花火大会/日光の紅葉/栃木県の道の駅

世界遺産登録名称:富士山-信仰の対象と芸術の源泉

場所:山梨県富士吉田市、身延町、鳴沢村、富士河口湖町、静岡県富士宮市、富士市、裾野市、御殿場市、小山町

登録年:2013.6.22

登録種別:文化遺産

古代から現代に至るまで、人々の畏怖や信仰の対象となってきた富士山。周辺には神社や遺跡が保存されており、人々が登った山道は、信仰の生きている証として、山麓の神社や湖などとともに、世界遺産として登録されました。

世界遺産に登録されているのは、富士山域をはじめとする25件の物件で、

・富士山域(山頂にある信仰遺跡群、富士宮口登山道、御殿場口登山道、須走口登山道、吉田口登山道、北口本宮冨士浅間神社、西湖、精進湖、本栖湖)
・富士山本宮浅間大社
・山宮浅間神社
・村山浅間神社
・須山浅間神社
・冨士浅間神社
・河口浅間神社
・冨士御室浅間神社
・御師住宅(旧外川家住宅)
・御師住宅(小佐野家住宅)
・山中湖
・河口湖
・忍野八海(出口池、お釜池、底抜池、銚子池、湧池、濁池、鏡池、菖蒲池、各池ごとに登録)
・船津胎内樹型
・吉田胎内樹型
・人穴富士講遺跡
・白糸ノ滝
・三保松原

以上のように、自然から遺跡や建造物にまで多岐にわたっています。

登録理由としては、

(1)富士山そのものの荘厳な姿が古来より信仰の対象とされており、さまざまな芸術や自然と調和した伝統を生み出した源であることが、
登録基準のひとつ「現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠」に該当していること

(2)富士山が古来から和歌や物語に登場したり絵画に描かれるなど、文学や芸術の題材として扱われることが多く、その中でもの浮世絵は海外の芸術へ「ジャポニズム」として大きな影響を与えたことが、登録基準のひとつ「 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)」に該当していることがあげられます。

富士山は古代より何度も噴火を繰り返してきており、麓にある神社は噴火を鎮めるために建てられました。
噴火活動が収まってくると、日本古来からの山岳信仰と密教が融合し、修験者たちの修行の場となりました。
これらは「富士山信仰」「富士講」として一般に広く普及し、一般の庶民たちも富士山に巡礼に訪れるようになりました。

芸術面では、富士山は古くから「万葉集」「竹取物語」などの文学作品に登場しており、江戸時代には葛飾北斎による「冨嶽三十六景」や歌川広重による「富士三十六景」「東海道五十三次」など、数多くの芸術に生み出し、それらはヨーロッパへ紹介され芸術家へインスピレーションを与え、ジャポニズムという新たなジャンルを生み出しました。

当初は自然遺産を目指していた富士山ですが、遠くからの美しい姿からは想像がつかないほど、ゴミ問題などにより環境破壊が進んでいたため自然遺産での登録ができませんでした。
登録を目指す中で富士山のゴミ問題が注目されるようになり、現在では登山者の意識も高まりましたが、世界遺産登録を続けるにあたり、登山・入山者数の制限、車乗り入れの制限、噴火や火災に対する危機対策、周辺の観光開発制限など、多くの環境保全対策をとることが必要とされています。

スポンサードリンク

HOMEに戻る




写真素材フォトライブラリー

宇都宮観光

▶ツイッター

FaceBook

▶パソコン買取

小河原産業株式会社
宇都宮市のエクステリア工事

trivago
キーワードで検索
アーカイブ