古都京都の文化財

栃木県の花火大会/日光の紅葉/栃木県の道の駅

世界遺産登録名称:古都京都の文化財

場所:京都府京都市・宇治市、滋賀県大津市

登録年:1994年

登録種別:文化遺産

古都・京都は平安京が建設されてから1000年に渡って日本の首都として繁栄してきました。首都であった京都には、各時代の最高技術を駆使した建造物が建てられ、粋を集めた庭園が数多く造られました。

平安時代から江戸時代にかけての歴史的建築物や庭園は、時代の荒波に翻弄されながらもさまざまな文化を育み、それらを全国へ伝播させました。幸いにも外国からの侵略や破壊がなく、第二次世界大戦でも空襲を免れたことにより、世界遺産に登録することができました。

世界遺産に登録されているのは、

・賀茂別雷神社(上賀茂神社)
・賀茂御祖神社(下鴨神社)
・東寺(教王護国寺)
・清水寺
・延暦寺
・醍醐寺
・仁和寺
・平等院
・宇治上神社
・高山寺
・西芳寺(苔寺)
・天龍寺
・鹿苑寺(金閣寺)
・慈照寺(銀閣寺)
・龍安寺
・本願寺(西本願寺)
・二条城

以上17件で、いずれも芸術的価値が高く、建造物は国宝や重要文化財、庭園は特別名勝や名勝に指定されています。

登録理由としては、京都に現存する8世紀から19世紀(平安時代から江戸時代まで)にかけての建造物群が、各時代を代表する建築様式、庭園様式、文化的背景であり、それらが日本の建築様式や庭園設計に大きな影響を及ぼしたこと、さらにこうした芸術的価値の高い建造物や庭園などが、国をあげて大切に保護・保存されていることから、世界文化遺産登録基準である
「ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの」
「歴史上の重要な段階を物語る建築物、その集合体、科学技術の集合体、あるいは景観を代表する顕著な見本である」
を満たしているとみなされたことがあげられます。

日本政府が、世界遺産委員会に「古都京都の文化財」として推薦したのは1993年10月ですが、その後の厳しい審査を経て、偶然にも平安建都から1200年後の1994年12月に登録が叶いました。

貴族の邸宅などに用いられた「寝殿造り」や禅寺から生まれた「枯山水」など、時代を反映した建物や庭園がいくつも作られ保存されてきた京都。
その文化的・芸術的な価値は、日本の文化史上欠かせない要素であるとともに、世界にも広く影響を与えています。

スポンサードリンク

HOMEに戻る

 

nijou




写真素材フォトライブラリー

宇都宮観光

▶ツイッター

FaceBook

▶パソコン買取

trivago
キーワードで検索
アーカイブ